Museum of Broken Relationships
日本初開催
「別れ」を展示する、世界で唯一の博物館
Museum of Broken Relationships
別れの博物館
あなたとわたしのお別れ展
2018 3/31 - 4/14 3331 Arts Chiyoda
Exclusively Supported by Kaneko and Associates Japan
大切な人との別れで、傷ついた経験はありませんか?
その別れを忘れられず、「思い出の品」を処分できずにお持ちではないですか?
Museum of Broken Relationshipsは、恋愛にかかわらず、すべての別れの際に残された、忘れ形見の居場所を提供しています。

Museum of Broken Relationships
「別れの博物館」とは

Museum of Broken Relationship(別れの博物館)は、愛する人との何らかの関係が終わりを迎えた時、その時間を思い出すようなアイテムとそれにまつわるお話を一般の方から募り展示する博物館です。

2006年クロアチアの首都ザグレブで誕生しました。この博物館の創設者は4年間恋愛関係にあった元カップル。共に過ごした大事な時間を心の奥底に仕舞い込まず、「思い出の品物とお話」を展示してみてはどうだろう、と考え、小さなコンテナで博物館を始めました。

“別れの経験を共有する”というコンセプトに、世界中から共感の輪が広がり、これまでに世界29ヶ国45都市を巡回しています。

“失恋”にまつわる品物が多く、日本では「失恋博物館」と紹介されてきたMuseum of Broken Relationshipsですが、人間が直面するすべての“別れ”を展示するため、この度の日本初開催では「別れの博物館」としました。

当時フィルムプロデューサーをしていたオリンカと、アーティストのドラジェン。二人が4年間の恋愛関係に終止符を打ち、コンテナに二人の「思い出の品々」を展示したことからスタートしました。
本館のMuseum of Broken Relationshipsはザグレブの旧市街にあり、観光名所としても名高い13世紀に建てられたカトリック教会「聖マルコ教会」のすぐ近くにあります。
アジアではフィリピンやシンガポール、2016年は韓国と台湾で実施。台湾は2015年、2016年と連続で開催されました。2018年は、日本(3/31-4/14)とノルウェー(3/1~8/31)での開催が決定しています。

世界中で開催されている
Museum of Broken Relationship「別れの博物館」

コンテナからスタートしたMuseum of Broken Relationshipsは11年間で世界中を巡る博物館へと成長し続けています。これまでに29カ国、45都市を巡回し、来場客数は30万人を越えています。

*開催国:
クロアチア、スロベニア、ボスニアヘルツェゴビナ、マケドニア、セルビア、スロバキア、アメリカ、シンガポール、キルケニーアイランド、南アフリカ、トルコ、ドイツ、フィリピン、ブエノスアイレス、イギリス、アルゼンチン、フランス、台湾、韓国、デンマーク、フィンランド、オランダ、スイス、ベルギー、メキシコ、カナダ、ノルウェー、オーストラリア
2011年
"European Museum of the Year Awards”
ケネス・ハドソン・アワード受賞

別れの博物館は2011年、ドイツのブレーメルハーフェンで行われた"European Museum of the Year Awards”にてケネス・ハドソン・アワードを受賞しました。この賞は、「革新的で人々に愛され、社会における美術館としての役割の枠を超え、社会論議を呼んだプロジェクト、または個人」に贈られるものです。

すべての展示品は一般の方からの寄付

「思い出の品々」「捨てるに捨てられないモノ」「別れのきっかけ」「楽しかった出来事」など、当時の「関係」を象徴するものが、この博物館の展示品です。そしてそれは、すべて一般の方々から募り、元カップルである創設者2名が選定をし、展示されます。

展示品の一部をご紹介