「失恋博物館」から「別れの博物館」へ

2006年からスタートしたMuseum of Broken Relationshipsはこれまで、「失恋博物館」と訳されていました。創設者同士の“失恋”がきっかけだったのと、実際、恋愛にまつわる“恋の遺品”が多く集まったからです。しかし、年月を重ねていくうちに恋愛以外の“別れ”の品物も多く寄贈されるようになりました。

クロアチアは1991年から1995年、旧ユーゴスラビアからの独立に伴い内戦をしていた歴史があります。そうした背景から、世界中から戦争で離れ離れになった人たちからも別れの品が届くように。さらに文化や地域と離れてしまった人たち、社会と離れた人、友人や家族と何らかの理由で別れてしまった人たちなど、様々な別れの品が世界中から届くようになったのです。

この博物館は「失恋」はもちろん、より多くの別れを受け入れる博物館となりました。ですので、「別れの博物館」として開催することとなりました。

現在、日本開催に向け「思い出の品とお話」を募集しております。2月15日までです。
応募はこちらからどうぞ。http://brokenships.jp/
*中段部分に黒いボタン「こちらから応募ください」をクリック→ Tokyo, Japanを選択(英語の下に日本語が出てきます。必要事項をご記入し、送信してください)
ご不明点があれば、mobr@kanekoassociates.com までお気軽にどうぞ。

TOP